FC2ブログ
シングルオリコン1位はクラシック系初! 「千の風になって」秋川雅史・日頃気になる様々な情報をを配信します

  スポンサードリンク
スポンサードリンク

シングルオリコン1位はクラシック系初! 「千の風になって」秋川雅史


昨年大みそかのNHK「紅白歌合戦」に出場したテノール歌手、秋川雅史(39)の「千の風になって」が22日付のオリコンシングルチャートで1位となることが15日、分かった。
紅白で歌った後に売り上げ急上昇。
クラシック系アーティストの首位獲得は史上初の快挙だ。
同曲はもともと、作者不詳の英語詩で、芥川賞作家、新井満氏(60)が訳詞、作曲した曲を秋川がカバーした。
アルバム「威風堂々」から昨年5月にシングルカットされ、オリコン初登場は168位だった。

クラッシック系で1位になるなんてタイミングもないと無理ですよね!!
それをやってのける秋川雅史さんには今年ツキがあるのかも!

死者が「いつもあなたのそばにいます」と呼びかけ、大切な人を亡くした悲しみを慰める詞が、秋川の澄んだ歌声に乗ってお茶の間の団塊世代らの共感を得て急浮上。
史上最も低い位置からの1位獲得となった。
秋川は「この曲がより多くの人に伝わってほしいという想いで歌ってきました。
これからも多くの人の心に届くように歌っていきたいと思います」とコメントした。
紅白出場後に初めて1位となったのは、平成14年の紅白に出場し15年に1位となった中島みゆき(54)の「地上の星/ヘッドライト・テールライト」以来、4年ぶり。

この歌の詩は誰だって心に響くものがありますよね!
こういう歌が世間に広まるって事はなんか嬉しいですよね♪

(引用:iza
スポンサーサイト