FC2ブログ
Windows XP Home Edition サポート延長を発表!・日頃気になる様々な情報をを配信します

  スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Windows XP Home Edition サポート延長を発表!


Microsoftは米国時間1月24日、「Windows XP Home Edition」と「Windows XP Media Center Edition」のの顧客サポートを5年間延長すると発表した。同社が消費者向け製品でこのような延長サービスを提供するのは今回が初めてだ。
2009年4月以降に適用されるこの「延長」サポートは、両製品を企業向けの「Windows XP Professional」と同レベルに扱うものだ。
これまで、5年の延長サポートはエンタープライズレベルの製品にしか提供されていなかった。

これはすごく嬉しいニュースですよね!
まだまだWindows XPは現役でバリバリいけると思ってるのでかなり嬉しいです♪
いずれはWindows Vistaに変わるんでしょうけどもう少し様子を見たいですからね^^

Microsoftの「Support Lifecyle Policy」では、個人と法人の両方が製品の「メインストリーム」サポートを受けられることになっている。
有償サポート、セキュリティアップデート、仕様変更、および新機能リクエストなどを含めたXP Home EditionとXP Media Centerのメインストリームサポートは2009年4月に終了する。
そして、メインストリームサポート終了時点からは5年間の延長サポートが始まる。
XP HomeとXP Media Centerのユーザーはこれまで、メインストリームサポート終了後は8年間提供されるセルフヘルプサポートに移行することになっていた。
この延長サポートには、メインストリームサポートの半分近くの内容が含まれている。
ただし、デザイン変更および機能のリクエスト、保証請求、無償インシデントサポート、およびセキュリティ関連以外の修正プログラムサポートなどはこれらに含まれない。

セキュリティ関連さえアップデートしてくれればとりあえずは安心して使う事が出来るのでそれだけで嬉しいですよ♪

Microsoftによると、消費者向けのソフトウェア延長サポートは2014年まで提供されるという。
Microsoftは、以前から既に延長サポートを提供していた。
Microsoftは、「Windows 98」、「Windows 98 SE」、そして「Windows ME」でもサポートを2年延長しており、支援を2006年夏に終了している。
2種類の消費者向けXP製品のサポートを延長するMicrosoftだが、それと同時に、来週には「Windows Vista」を消費者向けに発売すべくリリース体制を整えつつある。
現在プレインストール用としてコンピュータメーカー各社に販売されているVistaは、最終的には完全にXPに置きかわる見通しだ。
ただし、それには時間がかかるというのが市場調査会社各社の見方だ。
Microsoftの関係者は、「顧客のフィードバックに耳を傾けた結果、Windows XP Professionalにセキュリティパッチを提供してXP HomeやXP Media Center Editionsのサポートは延長しない、というのは一貫したアプローチでないという判断に至った。
Microsoftは現在、Windows XP Home EditionとWindows XP Media Center Edition限定で変更を進めており、消費者向けOSの全バージョンに関する恒久的ポリシー変更については改めて時間を設けて検討する」と語っている。

この判断は正しいと思いますよね!
確かに新しい製品を売り出したい!ってのは理解できますが今までの製品についてもサポートしていく。
こういう姿勢が大切だと思います^^

(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になる話題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。