FC2ブログ
家庭用インクジェット プリンタ市場にKodak の参入?・日頃気になる様々な情報をを配信します

  スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭用インクジェット プリンタ市場にKodak の参入?


映像技術大手 EastmanKodak ( NYSE:EK ) が、一般消費者向けインクジェット プリンタ業界に参入する。
アナリストらによれば、他社に比べて低価格のインクを使う同社の製品投入により、同市場の競合各社に対応圧力がかかるという。
Kodak は6日、インクジェット方式の多機能カラープリンタ『EASYSHARE All-in-One Printer』シリーズ3機種を発表した。
同社は発表の中で印刷コストの低さを謳っており、インクカートリッジの価格は、白黒で9.99ドル、カラーで14.99ドルとなっている。
一般的なメーカーブランドのインクカートリッジ価格は、30ドル程度だ。
Kodak の発表によれば、葉書大の写真を印刷するのにかかる金額は、1枚あたり10セントで済むという。

プリンタを使うユーザーとしては選択肢が増えるって事は大歓迎ですよね!
今はエプソンとキャノンの2大勢力ですがそこへKodakが参入すれば色んな意味で活性化が図れる♪
嬉しいですよね^^


今回発表したインクジェット プリンタは、『EASYSHARE 5100』『同5300』『同5500』の3機種で、価格はそれぞれ149.99ドル、199.99ドル、299.99ドルとなっている。
発売は、5100 と 5300 が3月の予定で、まず Best Buy の店舗を通じて独占的に先行販売した後、4月からオンラインで直販を開始するという。
5500 は5月に販売開始の予定だ。
Kodak の一般消費者向けインクジェット プリンタ市場参入は、消費者に与えるインパクト以上に、同市場の様相を変える可能性がある。
一般消費者向けインクジェット プリンタは大きな利益を生み出す市場で、アナリストらによれば、全世界の同市場規模は320億ドルにのぼるという。

価格もなかなか魅力的な感じですね☆
後は印刷品質が良ければ言う事無しです!
早く見たいです。
私もそろそろプリンタの乗り換え時期が近づいてるから興味深々ですよ♪

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070207-00000008-inet-inet

(引用:Yahoo!ニュース
スポンサーサイト
Copyright © 気になる話題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。