FC2ブログ
YouTube(ユーチューブ)の著作権侵害問題・日頃気になる様々な情報をを配信します

  スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

YouTube(ユーチューブ)の著作権侵害問題


米動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」に日本のテレビ番組などが無断投稿され、放送局や日本音楽著作権協会(JASRAC)など23の著作権関連団体が著作権侵害の防止策などを求めている問題で、ユーチューブ社の幹部らと23団体が6日、東京都内で協議した。
23団体が求めた4項目の防止策に対し、ユーチューブ側は、違法なコンテンツ投稿への日本語での警告を早急に行うと述べるにとどまり、具体的成果に乏しい協議となった。

この問題はイタチごっこって印象ですね。
1日にアップされてる映像ってメッチャすごい数らしいですね。
次から次へとアップされてる現状ってなんとかなるものなんでしょうか?

協議には、ユーチューブ社のチャド・ハーレー最高経営責任者(CEO)とスティーブ・チェン最高技術責任者(CTO)、さらに同社を昨年買収したネット検索エンジン大手の米グーグル社の幹部が出席した。
23団体は、抜本策として、技術や工夫によって著作権侵害の予防システムを実現することを要求。
暫定的な項目として、(1)違法な投稿に対する日本語での警告文掲示(2)投稿するユーザーの氏名・住所の登録(3)違法投稿者のアカウントを停止すること-を求めた。
このうち日本語での警告掲示は実現される見通しとなったが、ユーチューブ側はユーザー情報の管理などは困難とした。
協議後に会見したJASRACの菅原瑞夫常任理事は「中身については満足していないが、友好的に話し合えた。今後に向けて大きな会合だった」と評価した。

登録ユーザーを全て管理するなんて絶対無理な事でしょう。
氏名、住所なんておそらくいいかげんなモノだろうし。。。
本人確認を導入すれば利用するユーザーも激減するだろうからその可能性もかなり低そう。
どこで妥協するかが鍵になる感じですね。

(引用:iza
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。