FC2ブログ
金銭目的のウイルス被害報告が倍増・日頃気になる様々な情報をを配信します

  スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金銭目的のウイルス被害報告が倍増


コンピューターウイルス対策ソフト大手のトレンドマイクロは11日、平成18年の国内ウイルス被害の同社への報告が9万1901件と17年の4万5208件から倍増したと発表した。

すごい数のウィルス被害ですね!
昨年の倍以上!!
セキュリティの強化は必須ですね。
ウイルスは不特定多数を狙う愉快犯から、金銭や情報の不正取得という明確な目的で作られ、目標も絞って攻撃する傾向が顕著になったと分析。
「19年はこの傾向がさらに強まる」と注意を呼び掛けている。
金銭目的では、インターネット決済に使うIDやパスワードを盗み取り、預金などをだまし取るスパイウエアの攻撃が目立った。
18年前半には、ファイル交換ソフト「ウィニー」を悪用し、個人のパソコン上の情報や画像などを流出させるウイルスも流行した。
報告数のトップは、閲覧したウェブサイトを監視し、勝手に広告などを表示するスパイウエアの一種「ゲーター」が2302件で、全体の4分の1を占めた。

今はスパイウェアも気を付けないとダメですよね!
私もまたセキュリティソフトを考えなくては。。。

(引用:iza
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。