FC2ブログ
マジ!こんなに早く!・日頃気になる様々な情報をを配信します

  スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジ!こんなに早く!


米マイクロソフトの新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ・ビスタ」が、1月30日に世界70カ国で一斉発売されたが、同時に違法コピーされた海賊版の問題が浮上している。

まだ一斉発売されて何日もたってないのに早くも海賊版が!!
こういうソフトの違法コピー問題ってホントにいたちごっこですよね。。。
あんまりセキュリティをキツくすると正規ユーザーにも不都合が出てくるみたいなのでかなり難しく、深刻な問題です。
ロイター通信は、ブラジル・サンパウロの電気街サンタ・エフィジェニアで、最上位版の「アルティメット」の海賊版を購入したばかりの男性を直撃取材。
正規なら380ドル(約4万5600円)のところ、720円程度で販売されていたことが判明した。
海賊版が氾濫(はんらん)する中国でも、北京のある場所で英語バージョンの海賊版が840円ほどで販売されていると、サンフランシスコ・クロニクル紙(電子版)が報じている。
同紙によれば、出回っているのはマイクロソフトが2006年8月に限定リリースしたベータ(試作)版を違法コピーしたもので、完成品の海賊版は2月中に闇市場に登場する見通し。価格は交渉次第だが160~480円で売買されるという。
業界団体のビジネス・ソフトウェア・アライアンスの試算によると、2005年時点で全世界のパソコンに入っているソフトの35%が違法コピー。
海賊版による同年の販売損失額は、世界で約342億9700万ドル(約4兆1156億4000万円)に達している。

ベータ版のコピーならなんとなく分かりますが製品版のコピーって.....
ライセンス認証をクリアするって事ですよね。
なんとかならないもんなのかなぁ?
こういった損失も正規品ユーザーに掛かってくるのでしょうかね?
そうだとしたら.....
違法コピー反対!!

(引用:iza
スポンサーサイト
Copyright © 気になる話題 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。