「シンクパッドX61」シリーズ レノボとKDDIが発売・日頃気になる様々な情報をを配信します

  スポンサードリンク
スポンサードリンク

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シンクパッドX61」シリーズ レノボとKDDIが発売


レノボ・ジャパンとKDDIは10日、携帯電話のデータ通信端末を内蔵したノート型パソコンを11日に発売すると発表した。携帯端末を組み込んだパソコンの商品化は国内初。KDDIには、年内にも始める高速データ通信の一般向け定額制サービスで、新規契約を獲得する足がかりにする狙いもある。
この商品はB5サイズのノート型パソコン「シンクパッドX61」シリーズ。従来、パソコンで携帯のデータ通信を利用するには、電話機を接続するか、カード型の専用端末を挿入する必要があったが、X61は単体で携帯通信が可能になる。

いつかは出てくるとはおもっていましたがついにこんな形態のノートPCが発売されましたよね!
ノートPC単体でデータ通信が出来るとかなり便利!
いちいち接続させる手間が省けるんですもんね^^

中国メーカーのレノボは、2005年に米IBMのパソコン部門を買収し、日本では主にビジネス向け高性能機種を供給している。携帯端末搭載で、ビジネスマンが出先からインターネットや企業内ネットワークへ接続する利便性を高める。
一方、KDDIは法人向けに、接続先を企業内ネットなどに限定してデータ通信定額制サービスを提供している。法人顧客に強いレノボ製パソコンに携帯端末を標準搭載することで、このサービスの利用拡大を図る。
さらに、計画中の一般向け定額制サービスでも需要を開拓する。携帯内蔵パソコンからはネットを通じて簡単に契約できる仕組みにした。

かなり興味が沸きますね。
出先でデータが欲しい時に活躍してくれる事間違い無しって感じで使えそうです♪
あとはデータ通信の速度アップと定額制の普及で世間に浸透しような予感がします。
他の携帯キャリアも追随してくるんではないでしょうか?
個人的にはかなり期待したいですね^^

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/it/internet/64592/

(引用:iza

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。